共通言語ランタイム

出典: ゆる~い百科事典『ヴィキペディア(Vikipedia)』
移動: 案内検索
ファイル:CLR diag.svg
CLRの動作イメージ。バイトコード機械語に変換、実行する。

共通言語ランタイム (テンプレート:Lang-en-short) とは、.NET Frameworkアプリケーションを実行するための仮想機械で、共通言語基盤 (CLI) のマイクロソフト自身による実装。

.NET Framework 4.x で使用されている CLR は Windows 上のみで動作する。.NET Core 5 はMITライセンスオープンソースになり、CoreCLRはWindows、macOSLinuxFreeBSD で動作する<ref>dotnet/coreclr - GitHub</ref>。

CLRは、共通中間言語 (CIL) と呼ばれる、プログラミング言語や環境に依存しない中間言語を解釈する。CILは実行時にJITコンパイラによって機械語に変換され、実行される。.NET Framework 4.6 では64ビット版は RyuJIT という名称のJITコンパイラが搭載された<ref>RyuJIT and .NET 4.6 - JIT, NGen, and other Managed Code Generation Stuff - Site Home - MSDN Blogs</ref>。

そのほかのCLRの役割・機能には、メモリ管理(ガベージコレクション)、アセンブリの管理、スレッド管理、例外処理セキュリティがある。

関連項目[編集]

参照[編集]

テンプレート:Reflist

テンプレート:.NET テンプレート:仮想化