Vikipedia:免責事項

出典: ゆる~い百科事典『ヴィキペディア(Vikipedia)』
移動: 案内検索
ヴィキペディアの利用は、ご自分の責任で!

このページでは、あなたが「ヴィキペディア」(以下、「本サイト」といいます)を利用するにあたって、最低限、理解し納得していただかねばならない事柄について、説明しています。本サイトを利用し、または、本サイトの提供する情報を利用した場合は、以下の事項に同意したものとみなされますので、ご注意下さい。

要旨[編集]

本サイトは、あなたに対して何も保証しません。本サイトの関係者(他の利用者も含む)は、あなたに対して一切責任を負いません。あなたが、本サイトを利用(閲覧、投稿、外部での再利用など全てを含む)する場合は、自己責任で行う必要があります。

  • 利用の結果生じた損害について、一切責任を負いません。
  • あなたの適用される法令に照らして、本サイトの利用が合法であることを保証しません。
  • コンテンツとして提供する全ての文章、画像、音声情報について、内容の合法性・正確性・安全性等、あらゆる点において保証しません。
  • リンクをしている外部サイトについては、何ら保証しません。
  • 全記事とも、GNU Free Documentation License(以下、GFDLと略します)に基づく改変・再利用を許諾しますが、法令その他の法慣習に反する形での利用を許諾することはあり得ません。
  • 文章と共に表示されている画像は、それぞれ文章とは別個のライセンスに基づく提供となります。
  • 事前の予告無く、コンテンツの提供を中止する可能性があります。

ヴィキペディアについての一般的な説明[編集]

ヴィキペディア (Vikipedia) は、無償のボランティアの参加者の貢献によって執筆、編集されている百科事典であり、その編集方針、百科事典作成プロジェクトとしての運営方針などもボランティアの議論によって決められています。プロジェクトへの参加資格の制限はなく、参加者には一定期間または一定量の貢献をすることなどの義務はありません。さらに、ヴィキペディアでは、ウィキウィキウェブとよばれるシステムを採用することによって、ほぼ全てのページが、いつでも、誰にでも書き換えられるような状態にしてあります。

ヴィキペディアで使用しているソフトウェアMediaWikiは、無償のボランティアの貢献によって作成・改良されているものです。

最後になりましたが、ヴィキペディアでは、GFDLを採用することによって、ヴィキペディアが提供するコンテンツについて、公正な「引用」以上の自由な改変・再利用を容易にしています。つまり、著作権関係の煩雑な手続きを、コピーレフトの概念によって簡略化しようというものです。

閲覧や投稿に関する合法性と安全性について[編集]

本サイトの参加者、管理者は、あなたが本サイトを利用したことに関連して生ずる損害について、一切責任を負いません。

  • あなたが本サイトを利用することが、あなたに適用される法令に照らして合法であることを保証しません。例えば、本サイトのコンテンツを閲覧すること自体や、本サイトの参加者として情報発信することさえも、国によっては違法となり処罰の対象となりえます。世界中からアクセス可能であるという性質上、私たちは、どのような法令があなたに適用されるのかを知ることができません。したがって、あなたの利用に関して、適切なアドバイスをすることもできません。
  • 本サイトのコンテンツを閲覧し、またはハイパーリンクや投稿ボタンなどを利用することで、あなたのコンピュータやソフトウェア、データ、通信回線や通信機器などに損害が発生しないことは一切保証されません。例えば、リンク先に適切なページが存在すること、ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスなどを含んだ不正なプログラムなどが存在していないこと、本サイトを利用した結果、コンピュータの利用を一時的または恒久的に不可能にしてしまわないこと、第三者からの不正侵入がないことなど、安全性に関する保証は一切されません。
  • 本サイトが障害、不具合、その他の問題なく利用できることは保証されません。また、問題が発生した場合に、ウイルスその他の有害要素の除去や修復などを行うことは保証されません。

提供する情報について[編集]

本サイトが提供している情報に関しては、合法性、正確性、安全性等、いかなる保証もされません。本サイトの参加者、管理者は、これらの情報をあなたが利用することによって生ずるいかなる損害に対しても一切責任を負いません。

  • 本サイトは、いかなる法令違反も支持しません。しかし、本サイトで提供される情報が、あなたの遵守すべき法令に照らして合法的なものであることは、一切保証されません。例えば、青少年にとって有害ではないこと、特定の個人や団体を不当に批判したり誹謗したりするものでないこと、特定の企業などの営業を妨害したり信用を毀損したりするものでないこと、他人の著作権や商標権、その他の知的財産権を侵害していないことは、いずれも一切保証されていません。
  • 本サイトに掲載された情報は、専門家の査読を経て公開されたものではありません。価値のある正確な情報がないわけではありませんが、その正確性については一切保証できません。信頼性を高めるための取り組みとして、Vikipedia:秀逸な記事の選考がありますが、この審査を経てVikipedia:秀逸な記事に選ばれたとしても、その後に不適切な編集をされている可能性もありますので注意して下さい。
  • 本サイトで提供されている情報が、あなたの感情を害するものでないことは一切保証されていません。本サイトは、性、暴力、犯罪、差別思想や差別用語、政治思想、宗教、その他、あらゆる事柄を扱っており、それらの記述の中には、あなたが不快感を感じるような記述も含まれている可能性があります。
  • 本サイトは、専門家のアドバイスを提供する場ではありません。医療情報や法令の解説は百科事典としての一般的な説明にとどまっており、具体的なケースにおいては、ほとんど役に立たないばかりでなく、有害にさえなりかねません。アドバイスが必要なときは、専門家にご相談下さい。
  • 本サイトは、いかなる立場からも中立であることを大切な基本方針としていますが(Vikipedia:中立的な観点参照)、提供する情報の中立性については保証されません。例えば、公職選挙における特定の政党・立候補者、スポーツ大会における特定のチーム・選手、学問的論争における特定の学説、あるいは特定の商品など、基本方針に反していずれかを支持するかのように読みとれるものもあるかもしれませんが、そのことによって生ずるあらゆる損害について責任を負うことはできません。特に、公職選挙における選挙運動またはそれに類する行為をあなたが行うことは、法律に抵触し罰せられる可能性がありますが、これに関して本サイト及び本サイトの全関係者は、何ら責任を負いません。

他サイトへのリンクおよびリンク先のコンテンツについて[編集]

本サイトの参加者、管理者は、本サイトからリンクしている外部サイトの内容について、一切責任を負いません。

  • 本サイトは、本サイトの各ページからリンクしている外部サイト及び外部サイトの各ページに関して、合法性、正確性、安全性等、いかなる保証もしません。本サイトからリンクしているからといって、何らかのお墨付きを与えたり、外部サイトの主張を支持したりするものではありません。また、リンクしている外部サイトに、ブラウザクラッシャーやコンピュータウイルスなどを含んだプログラムなどが存在していないことを保証するものではありません。本サイトに含まれるハイパーリンクを利用して外部サイトにアクセスした結果、あなたのコンピュータやソフトウェア、データ、通信回線や通信機器などに損害が発生しないことは一切保証されません。
  • 本サイトからリンクを経由して本サイト外にアクセスした場合については、本サイトは何ら関知しません。各サイトの規約等を確認して下さい。

商標について[編集]

本サイトのコンテンツに記載された会社名・製品名は、各法人または個人の登録商標または商標です。百科事典としての可読性を保つため、文中での®記号、™記号は省略しています。

コンテンツの2次利用について[編集]

本サイトのコンテンツを外部で2次利用する場合は、すべて自己責任で行う必要があります。

  • 本サイトのコンテンツ(メディアファイルの一部を除く)を外部で2次利用した場合、その利用がGFDLで定められた要件を充たす限り、本サイトは、あなたに対して著作権侵害を主張することはありません。しかし、本サイト以外の第三者から著作権侵害を理由に訴えられないことを保証するものではありません。
  • 本サイトでは、GFDLの求める要件(特に、履歴の保全)を完全に履行できていない場合があります。例えば、他の言語版から文章を写して翻訳した場合、複数の項目の文章を統合した場合、項目の文章を別々の項目へ分割した場合などにおいて、以前の文章の履歴を引き継ぐ事ができなかった項目が存在しています。このようなコンテンツを2次利用する場合は、本サイトが提供するよりも厳格な要件を求めることはありませんが、可能なら補完して下さい。

免責における注意点[編集]

GFDLにおける免責に関して[編集]

GFDL Version 1.2 の 第1項 (section 1) 10段落目にある “Warranty Disclaimers” (直訳すれば「保証否認声明書」)となるこの文書は、GFDLにおける免責を補完します。

このページはウィキペディア日本語版由来のコンテンツを利用しています。元の記事、画像はWikipedia:免責事項にあります。執筆者のリストは履歴をご覧ください。